忍者ブログ

残念グロツグ

こちらは擬人化ブログです。はじめてお越しの方はカテゴリ内「はじめに」をご参照ください。

ぐんしょう!-ストーリー4-

軍人将棋の擬人化、ストーリーに関わるほうの漫画その3です。下書きです。










CPU「すごい」をベースに擬人化したメガ・ネオ国は、
メガ・ネオ鉱石というものすごいし汎用性のある鉱石が特産で、
その鉱石と人体を接合すると病気が治ったり、力が湧いてくるともされていますが、
今のところその方法は確率されておらず、代々王族の中から何名かが責任をもって、
その方法を確立すべく試験体になることを義務としています。

このへんは他の漫画にも、ものすごくうすぼんやりと書いていたのですが、
このペースで更新していくと、いつUPできるかわからないので、補注しました。

それと、ちょこちょことこれまでUPした漫画のセリフの中に、
「20数年前まで泥沼の戦争→20年前から不殺の条約を締結→16年前に不殺部隊ができた」とか、
「16年前の事件と???国との関係性」とか、いろいろ書いていますが、
その16年前の事件の際に、王族でないにもかかわらず鉱石の試験体にされて、
肉体と精神が離れてしまったのが、メガ・ネオ国の地雷さんたちです。

大将が意識的に飛ばすことができる「精神力」で彼らをこの世につなぐことができていますが、
大将はその際、精神をかっ飛ばした先で「???国のかつての国主」の姿を見たために、
現実世界には存在しない筈の、「世界のどこかにある四国+α」の真実や、
16年前の事件の真相について、他国の人よりはちょっと詳しいのでした…ムニャ…

拍手

PR

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]