忍者ブログ

残念グロツグ

こちらは擬人化ブログです。はじめてお越しの方はカテゴリ内「はじめに」をご参照ください。

ぐんしょう!-メガ・ネオ国-

軍人将棋の擬人化、
DSゲーム「だれでもアソビ大全」上で、
「CPUすごい」とされているユニットの擬人化、メガ・ネオ国ネタまとめです。


過去に出した同人誌より。(いずれセリフをちょこちょこ変えて漫画は全文掲載します)
メガ・ネオのファースト尉官ズさんは三つ子のズッコケキャラ、
というか最強のCPU「すごい」にもかかわらず、
私と対戦するときのこのユニットはズッコケ戦法です。



スパイは三角頭巾に書いてある自己主張のなかに、
「スッパイ」って書いてあることが多いので、
「レモンちゃん」とか「酸味ちゃん」と呼ばれています。
かつて変装の名人と呼ばれた少将の親戚です。
セカンド尉官さんたちは有能かつキャラがこゆい。



合法ショタこと軍旗さんは天才ホログラマー。
身体から精神が飛び、メガ・ネオ鉱石を通してこの世に繋がれている、
いわば「知能だけの存在」の地雷さんたちに、
意志によって動いて見えるホログラムの身体を与えた人です。


真ん中の地雷ズは違う国の人(?)ですが、
ほかはみんなメガ・ネオ。あとヒコーキ案の落書きがちょっと紛れています。
右下の相関図は工兵とヒコーキと地雷の、解除にくしみ相関図。

ヒコーキは駒の性能からしてキャラが濃ゆい。


 



メガ・ネオではラガンが隣国のせいか、
ラガン国から発せられる謎の地場が変な具合に人体に作用して、
ヒコーキ2みたいに特殊な内蔵と再生能力を備えた人がけっこうな割合で生まれます。

そのせいかはわかりませんが少佐は生まれる前からの重病を抱えており、
更に家系図を引いた時にわかった事実によって、王族のみが義務として受ける、
メガ・ネオ鉱石と人体を接合する手術を、ある一部分にだけ受けています。

この辺の鉱石と人体を接合するとどうなるか、
また、何者かがそれを悪用した上に失敗して、
精神と肉体が解離したのがメガ・ネオの地雷さん、
ということは、ストーリーの4あたりに補記してあったと思います…覚えてないですが…

拍手

PR

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]